« インターネットが全てを内包する時 | トップページ | I definitely like you. »

フィードバック間隔が短すぎる企業

本日のカンブリア宮殿(2007.6.11)を見ました.

格安液晶テレビを販売している「バイデザイン」の社長が出演していましたが、この会社はいわゆるfabless企業(最近流行の工場を持たない企業らしいです、私も始めて知りました・・・)であるため価格を安く出来ると解説されていました.

いろいろ、感じたことがありますが、その中で3点ほど.

1、近年カラー、デザインが重視されていること

2、社会要求と製品化のフィードバックが短すぎること

3、価格競争の危うさ

1、なんかは特に最近顕著ですね、携帯を筆頭に.

2、は企業としては利益を追求できるのでしょうが、やはり自社に技術を保持していないということは将来性と、社会への貢献という観点からは若干危ない気がします、決して悪いといってるわけではありませんが.

3、は価格競争が激化するとメーカーがサイドが痛い目をみますよ、ってことですね・・・定説ですが.

|

« インターネットが全てを内包する時 | トップページ | I definitely like you. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412869/6753110

この記事へのトラックバック一覧です: フィードバック間隔が短すぎる企業:

« インターネットが全てを内包する時 | トップページ | I definitely like you. »