« 最近気になった記事(2007.7.30) | トップページ | 最近気になった記事(2007.8.2) »

検索技術は位置情報の夢を見るか?

仮想世界の「バーチャル社員規則」、IBMが作成(@IT/2007.7.27)

“3Dインターネット”は、Web 2.0の次のパラダイム(InternetWatch/2007.7.19)

「空間検索」ってのが、最近の今後の検索技術の方向性なんじゃないかと、思ってる.

最近の研究成果として、位置情報をGPSと無線LANの電波?(詳しい技術はよくわからないけど・・・)から特定して、周辺情報を得る、なんてこともやってたし.

でもそうすると、問題になってくるのはやっぱり現実と仮想空間の合意の問題だ.

つまり、誰が現実の情報(ここの角を曲がったあの店、とかその店のxxxは美味い、だとか)を仮想空間上にある情報に置き換えるか?ということだ.

GoogleがMap情報を強化して、ユーザ駆動型にしている理由の1つがここにあるんじゃなかと思う、つまりある程度マクロな部分ではカバーしておいて、細かい情報をユーザに委ねる、という方法だ.

ただ、ユーザによって作成された情報を統合的に扱えるインターフェースが今のところないので、そういうのが今後でてくるんじゃないかなぁ、なんてことも考えてます.

早く実装されないかなぁ、がんばってGoogle!

|

« 最近気になった記事(2007.7.30) | トップページ | 最近気になった記事(2007.8.2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412869/7330107

この記事へのトラックバック一覧です: 検索技術は位置情報の夢を見るか?:

« 最近気になった記事(2007.7.30) | トップページ | 最近気になった記事(2007.8.2) »