« 「Sugar+Spice1月版(体験版)」(チュアブルソフト) | トップページ | Linux対応デバイス »

カーネルを見る

カーネルでバック環境を研究室で構築中・・・その過程をメモ(参考サイト).

まず、kgdbのサイトlinux-2.6.15.5-kgdb-2.4.tar.bz2と、それに対応するkernel-2.6.15.5をkernel.orgから取得.

両方とも/usr/src/以下に展開して、パッチを当てる.

linux-2.6.15.5-kgdb-2.4.tar.bz2の中になにやらたくさんのパッチが入ってたけど、調べたところ以下のファイルをあてればいいらしい(x86互換機で).

core-lite.patch

i386-lite.patch

core.patch

i386.patch

8250.patch

module.patch

パッチには順序関係があるけど、上記を上から当てていけばおk.

今回はリモートとシリアルで繋ぐので8250.patchをあててるけど、これをイーサネットで繋ぐ場合は代わりにeth.pathをあてる.

パッチをあてた後、カーネルのコンパイル.

基本的なことだけど、/boot/config-xxxがあれば、これをカーネルフォルダ以下に「.config」としてコピーしてから「make oldconfig」としてから、「make menuconfig」としたほうが、一から設定するより楽です.

コンパイル後に「make modules_install && make install」して、起動できるかを確認.

その後に、もう一台同じ構成でLinuxマシンを構築して、シリアルで繋いでデバック開始.

|

« 「Sugar+Spice1月版(体験版)」(チュアブルソフト) | トップページ | Linux対応デバイス »

Linux」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412869/7571631

この記事へのトラックバック一覧です: カーネルを見る:

« 「Sugar+Spice1月版(体験版)」(チュアブルソフト) | トップページ | Linux対応デバイス »