« 最近気になった記事(2007.10.28) | トップページ | 最近気になった記事(2007.11.19) »

「究極の民意」の実現

「新聞はなくなり、新しい形態になる」 Web 2.0提唱者オライリー氏(Yahoo!News/2007.11.16)

記事からの引用(Yahoo!Newsはパーマリンクじゃないから、良くないと思うんですが・・・).

――Web3.0では、どんな技術が登場するのか。 2つから3つの分野に注目している。ひとつは、情報を集めるもの、という意味での「センサー」だ。例えば、GPS付きのカメラで写真を撮れば、写真の他に「どこで撮ったのか」という情報が得られる。これをウェブで共有すれば、面白い使い方ができるのではないか。もうひとつの方向性としては、携帯端末についてだ。インターネットスタイルの革新は、携帯端末の上で起こっている。(Quoted Article)

この記事の中で、引っかかったのが「情報を集めるもの」ってとこ.

現状のWebを誤解を恐れず表現するならば「巨大なデータベース」といえる(Googleなんかはこのデータベース上の情報を整理しつくすることを日々がんばってるしね).

Web上の様々な情報が日々蓄積され、世界中の人々がこれらを利用しているが、このWeb上にある情報が群集の愚なのか、叡智なのか?という話をよく耳にする.まぁ、これに関しては世間の頭のいい人たちが話し合っているので、ココで言及することでもないし、愚民な私にはよく分からないので割愛.ココで話したいのは、最近思うWebの方向性、もといWebにかけているものに関して.

それはまさに「情報を集めるもの」だと、最近よくおもうんです.基本的にWebにある情報は、コンピュータという入出力装置を通して得られた情報だ.そうすると前提にコンピュータの前に座っている人間の意志で(もしくは、無意思で・・・)データ化されたものがWebの大部分だ.でもそうすると、コンピュータと全く無縁な、もしくは嫌って生活している人、さらにいってしまえは飛んでる鳥の意思(馬鹿のことを鳥頭ってもいうが・・・)はWeb上に基本的には存在しないことになる.そういったものすらWebに取り込む、ということが必要だとおもうのだ.

いい例が、アニメ「電脳コイル」で出てきてる現実の地形データなどをデータベースに反映するために、町中に設置されているカメラ.あれはWebが能動的にデータを集めているようにみえる、あのようなデバイスが(この例は極端すぎるかもしれないけど・・・)Webには必要なんじゃないか.

そうして構築されたWebは、まさにほぼ全ての現実のデータが存在するデータベースになる.そうしてそこから取り出されたデータは、少数の博識な人間が集まって「民意」するものが希薄に見えてしまうほどに、きれいな「民意」を実現できるんじゃないかと、考えちゃうわけです.

|

« 最近気になった記事(2007.10.28) | トップページ | 最近気になった記事(2007.11.19) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412869/9002706

この記事へのトラックバック一覧です: 「究極の民意」の実現:

« 最近気になった記事(2007.10.28) | トップページ | 最近気になった記事(2007.11.19) »