« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »

2007年6月17日 - 2007年6月23日

薬漬けの体

20070623

昨日、コラーゲンとビタミンCのサプリを増やしてみました.

よくよく考えると一日の適正量とか考えたことなかったんだけど、ネットで調べたらやっぱりあるようですね.ただ、ビタミンCはいくら飲んでも・・・

| | トラックバック (0)

「ヒューチャリスト宣言」(梅田望夫 etal./筑摩書房/2007.5.8)

基本的には「ウェブ進化論」(梅田望夫/ちくま新書/2006.2)に書いてあることを対談形式で少し深めに扱っていました.

書いてあることは至極正しいと私も共感しますし、今後もそういった方向にすすんでいくことでしょう.法律や、足の重い団塊の方々のおかげで実生活への変化はしばらくはゆっくり進行するでしょうけど.

文章中で気になったのは、「サーチ」と「チョイス」の話.

現状のグーグルは「サーチ」部分の強化を図っていて、その結果の中から人が「チョイス」を行う.このバランスが成功しているわけだが、今後チョイスに関する「何か」が必要だ.グーグルは欲しいと思った情報を欲しいと思った人へ、という方針を取ってるのでこの部分のブレイクスルーが必要です、というお話です.

ただ自然言語と同じように、この部分も人の「頭の中」、つまりフィーリングを理解する必要があるので、そんなすぐ発見できないだろうなぁ、というのが私の感想です.

提案できれば、ポストグーグル.

| | トラックバック (0)

「こいとれ(体験版)」(銀時計)

20070622

ストーリがなかなかおもしろくって、3つに体験版が分かれていたんだけどさっくとプレイできました.

気がかりだったのは、サブキャラを中心に声優が若干下手・・・?だったことか.

ただ、ゆう部長の声は好きです、さらに言えば僕っ娘なのも良.

この声優を調べてみたら「桜坂かい」という人で、まだそんなに有名じゃないようですね.

今後要チェックってかんじだ.

| | トラックバック (0)

「ぼくらの」第11話

20070621

今回の話数は原作に割りと忠実でした?

ただ、若干戦いの部分があっさりでしたね.わざわざ敵ロボを差し替えたのだからもう少し「きついの戦い」の描写を押し出しても良かった気がしますが・・・・

| | トラックバック (0)

「HoneyComing(体験版)」(Hook)

200706190310

これと同時期に出る、銀時計の「こいとれ」とテーマが似てる.

さらに言えば、この父親と、AXLの「恋する乙女と守護の楯」の課長?がキャラがかぶってる・・・w

| | トラックバック (0)

「恋する乙女と守護の楯(体験版)」(AXL)

200706190311

数年に一回、女装した男が主人公なギャルゲーが出てる気がする・・・・

内容は、可もなく不可もなく.

| | トラックバック (0)

趣味は本気で、仕事は遊び心で

Google のソフトウェア・エンジニアリング(へ~たのめも/2007.6.7)

Google Developer Day Tokyoで社員の方が話されていたグーグル社内の教育方針にかんするメモだそうです.

以下、心に残ったものをいくつか.

Google のコーディング

シニア・エンジニアやフェローになると、もっと書いていて、Google では、偉い人ほどコードを書きまくっている。

Google のエンジニア気質

よく働き、よく遊ぶ (文章引用)

グーグルでは企画書の前にまず動くコードを持っていかないといけないそうです.ここが決定的に日本と違いますね、すこし見習ったほうがいい気さえします.

| | トラックバック (0)

リンゴが赤いと誰が知っている?

「教えて!goo」で自然文検索機能開始(CNET japan/2007.6.13)

私の研究も自然言語に関するものなのですが、これが結構難題です.

現状の自然言語処理って、言語データを適当な数値データにかえて従来の統計解析にかける.そして、なんらかの結果を出力することをしています.

そしてそれらで、要約・クラスタリング・検索などいろいろ有意義な成果が出ています.

ただ、現状では言語を言語として認識する技術がほとんどないことが若干気がかりです、ないというかどうやってやるのか謎.

現状のアプローチだと、最終的に構造化された言語の意味を定められません.そもそも、言葉の意味なんて人によって変わったりしますから.

その意味を解析できる技術があればもっと素敵な応用技術がでてくるでしょうね.

| | トラックバック (0)

オーバーラップワールド

仮想世界に踏み込む「Augmented Reality」ゲーム(ITmedia news/2007.6.14)

まぁ、予想通りこのような研究があるんですね.

記事を見る限りだと、とりあえずはゲーム的な用途としての実験を行っているようです.

「電脳コイル」だと眼鏡をデバイスとして使ってますが、やっぱり現状で考えられるのは携帯でしょうね.

携帯のカメラのクオリティもかなり高いのであれを通して写る画面をオーバラップさせるのが現実的かと私も思います.

とりあえず

サウスオーストラリア大学の研究者は、人気のシューティングゲーム「Quake」のAR版を開発した。これは、ヘッドマウントディスプレイ付きの特殊ヘルメットとバックパックを身に着けたユーザーが、街の中を歩き回り、風景に重ねてディスプレイに映された、自分にしか見えないコンピュータオブジェクトと戦うというものだ。(記事引用)

どう考えても、怪しすぎて捕まります.

これと同時に読んだ記事に

バーチャル握手も実現、3D映像を触感できる「Tangible-3D技術」(japan.internet.com/2007.6.20)

が、ありました.

これらの研究をあわせると電脳コイルみたいな世界ができるんですかねぇ・・・

| | トラックバック (0)

「ふぃぎゅ@謝肉祭(OPデモ)」(エスクード)

200706190306

本編の「ふぃぎゅ@メイト」のOPデモと一緒に見たファンディスク?のOPデモ.

こっちもほぼノリは同じ、ただデモ自体はアニメーションからCGから構成されるシンプルなものへ.

ただ、このデモの先頭部分が「いただきじゃんがりあんR」に似ている・・・気がする.

| | トラックバック (0)

「ふぃぎゅ@メイト(OPデモ)」(エスクード)

200706190305

結構前に発売していたエスクードの新作.

友人に薦められて知ったんだが、ニコニコ動画で人気だとか.

こういう曲って1回目って、ああ、こんなもんか・・・って思うんだが、ループしてると癖に・・・

中毒性あるなぁ.

デモはアニメーションが使われてるんだけど、若干リズムに乗り切れていないような.

| | トラックバック (0)

「恋する乙女と守護の楯(OPデモ)」(AXL)

200706160303

AXLの新作.

前作の「キミの声がきこえる」はプレイしたけど、お~そどっくすなゲームを作ってるメーカだと思う.

この原画の人見ると、前のブランド思い出すんだよなぁ・・・

デモはシンプルな構成でした.

| | トラックバック (0)

「電脳コイル」第6話

200706190309

劇中では車が自動制御になってましたが、電脳眼鏡との位置関係がよくわかりません.

もうちょいっと細かい解説があるとよいのだけど・・・小説のほうにはあるのかしら?

話自体はイサコが出てなかったのでナエ.

| | トラックバック (0)

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」第11話

200706190308

若干話が急展開過ぎないか?と、思ってしまうほど新キャラがぞろぞろと・・・

あんまり、一気に出しすぎるとやっつけ仕事感が表に・・・

あ、あと変身シーンを省いてもう少し戦闘分にまわしてもらえると某所で誰かが喜びますよ.

| | トラックバック (0)

「ぼくらの」第10話

200706190249

やっぱりアニメは時間の制限があるのでいろいろ削られてました.

あの苛めてた3人組とか放置されてるし・・・w

この娘の存在感はあの描写だけだと薄くなっちゃうんだろうなぁ・・・って感じでした.

ところで、「ぼくらの」は某所で軽い炎上騒ぎがあったようですね・・・

軽く日記を拝見させていただきましたが、監督の意見も分かることは分かるんですが、わざわざ結果が見えてることを書く必要もないし、もしどうしても伝えたいならいちいち原作派の方々のコメントに関して相手をしなくてもいい気がしました.

その理由から、あの行動は私にはヨクワカリマセン.

まぁ、アニメ版はハッピーエンドになるようですが、私は切ない、もしくはバッドエンドの方が好きです.

| | トラックバック (0)

「Sola」第11話

200706190307

ちょ・・・・超展開キター

もう、オワタ・・・・

| | トラックバック (0)

« 2007年6月10日 - 2007年6月16日 | トップページ | 2007年6月24日 - 2007年6月30日 »